作成: 更新:

冗長構成のLinuxサーバに対して新規にsudoユーザを作成するときに気をつけること

linuxgiduidadduseruseradd
  • 冗長構成の場合、GID/UIDは自動生成せず統一したほうがいい

例えばAシステムのUID「501」のユーザがyoshidaさんで
BシステムのUID「501」のユーザがtanakaさんの場合で
AシステムがBシステムのディスクを使用した場合
本来tanakaさんがオーナーであるはずのファイルが
yoshidaさんがオーナーであるということになってしまいます。

# 間違った時の削除方法
$ sudo userdel -r ${USERNAME}
$ grep -e '${USERNAME}' /etc/passwd
$ grep -e '${USERNAME}' /etc/group
$ sudo groupdel ${GROUPNAME}